ディベートとは?

木村なおき

木村専門研究所のサイトで「ディベート」というキーワードがところどころでているので、そんなディベートについて解説をしていきますね。

ディベートとは?

ディベートとは、一言でいうなら、「公開討論・討論ゲーム」です。

あるお題を用意して、賛成側のグループと反対側のグループに分かれて、観客を説得することを目的に討論していきます。単なる議論や討論とは違い、必ずルールや勝敗があります。

みんなで机を囲って、ディスカッションをする自由形式の討論をするのではなく、賛成側のチームと反対側のチームの2手が交互に自分たちの主張を繰り広げて、相手の主張に対して反論をする形で進行されます。

選手・チーム同士の説得力を競うゲームとして行われています。これを「競技ディベート」と呼んでおります。

この形式のディベートを「競技ディベート」と呼び、以下4つの要件によって進められます。

  1. 異見対立を前提にしたお題(テーマ)を用意する
  2. 賛成側のチームと反対側のチームに分けられる
  3. スピーチの時間・順番・役割は決められている
  4. 試合の勝敗を下すのは選手以外の第三者(ジャッジ・観客)

上記の要件は、ディベートを口ケンカ、言い負かし合い、破綻した議論にしないためのルールとして運用されています。よって、たくさん話した側が勝てるわけではなく、キチンと相手の議論に対して持ち時間内に適切に切り返し、第三者から票を勝ち取ったチームがゲームの勝者になります。

木村なおき

ついでに言うと、ディベートの試合ではお互いに向かい合って議論をしません。説得すべきは、対戦相手ではなく、ジャッジや観客だからです。

ディベートの例

例えば、「日本政府は緊急事態宣言を出すべきである」というテーマを用意したら、賛成側と反対側のチームに分かれて、両者が自分たち立場にそって議論を組み立て、主張を展開します。その後にお互いの議論に対して交互に反論を行っていきます。

最後の最後に上手に議論全体をまとめた側がゲームの勝者になります。

ディベートのポイント

ディベートならではの魅力は、賛成側になるか、反対側になるか、は試合直前までわかりません。更に、個人の心情や好みは一切反映されません。例えば、あなたが緊急事態宣言に対して賛成でも、反対側のチームになれば、緊急事態宣言を反対しなければなりません。

このトレーニングを積むと、思考の偏りや思い込みがなくなり、物事を俯瞰して考えることができるようになります。

ディベートの効果

現在、中学、高校、大学、そして社会人の研修だと、コミュニケーション能力や論理的思考力を高める訓練としてディベートは最適だと考えられています。また、自分の意見や考えをハッキリと伝えて、相手から同意を得たい目的でディベートを学ぶ人も多いでしょう。

では、あらためて、そんなディベートの効果についてみていきましょう。

ディベートの効果:身に付くスキル

ディベートの試合では、相手の主張をすべて聞いて、そのひとつひとつを吟味して、吟味した内容を構成立てて、聴き手にわかりやすく、説得的に伝えることの繰り返しです。

よって、以下4つのスキルを自然と身につけることができます

  • 聞く力(傾聴力):相手の意見や議論を最後まで聞く
  • 考える力(思考力):論理的に物事を検証する
  • まとめる力(構成力):瞬時に自分の意見をまとめる
  • 伝える力(表現力):相手にわかりやすく伝える

ディベートがおすすめな人

  • 高い専門知識・スキルがあるのに、お客様に上手に伝えられずに活かせていない
  • 折衝・交渉の場で相手の勢いに飲み込まれて自分の意見をキチンと伝えられない
  • プレゼンやロジカルシンキングの研修で教わったことを実践に落とし込めない
  • 相手から反論を受けたときに、咄嗟の切り返しができない(即興力が弱い)
  • 自分の意見をキチンと主張することに対して抵抗感を抱いている
  • 個人的な感情や人間関係を気にせずに、自分の意見をテキパキと伝えたい
  • いざ、人前でスピーチをすると、話す時間が長くなり、要点が伝わらない
  • 相手から「なんでそう思うの?」と突っ込まれたときに、委縮してしまう
  • 多面的に物事を考えて、感情に流されずに意思決定できるようになりたい

もしも、このようなお悩みがございましたら、是非ともディベートを学んでみてください。ディベートは技術です。向き・不向きは特にありません。トレーニングをすれば、誰でもできるようになります。

木村なおき

但し、自分の世界だけで自己完結したい人には向いていないかも。心持の問題ですが・・・

ディベートを学んでみたい方へ

書籍だけでは決して学べないので、まずはどこかのディベート団体に所属してみることをお勧めします。単発の講座から大会参加を前提にしたディベート団体もあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA